« 整備新幹線が国を滅ぼす? | トップページ | ローカル線の公共輸送って・・・ »

2015年1月13日 (火)

もし、新幹線に食堂車が復活したら?

 今から10年前の記事なのですが、面白い記事を発掘したのでアップさせていただきます。  今から10年前の私は、郵便配達の仕事をしていました。
 元々は、郵便局内務で入ったのですがいろいろ有りまして、気がついたら郵便配達の仕事を・・・現職の方に対しては大変申し訳無いですけど、自分から意図して行っていた仕事ではないので正直「やる気なしモードの不良職員」でした。(^_^;)
 お陰様で、始末書の山で「亀有の両さん状態」でした。
 そんな中、私の無聊を慰めてくれたのが鉄道趣味だったと言えましょう。
  正月らしくということで書いてみた妄想記事 今見たら笑ってしまいますが、新大阪~鹿児島中央に関する列車では、こうした供食設備を復活して欲しいですね。
 JR西発足当初は、ウエストひかりには食堂車に丸玉給食とか従前とは異なる業者を入れるなど意欲的だったんですけどね。
  ということで、昔の記事をどうぞご覧くださいませ。

 

新年明けましておめでとうございます。
 年末年始は休みのない仕事に従事している関係で、明日から2日やっと休みを得ることが出来ました。

 

何時もは辛口な批評が多かったので、今回はお正月らしく、明るい話題で行きたいと思います。笑

 

例年新聞では正月には、楽しい記事をと言うことで、正月記事と言うのが準備されるのが恒例で、その中で一番印象に残っているのは昭和54年?頃の新聞記事に載った「新快速用電車製造」の記事でした。
 多分関西版のみの掲載で、それからしばらくしてから鉄道雑誌に発表されましたから間違いないと思います。
 そのときの印象は、かっこいいなぁ・・・それだけです。爆
 当時、113系など、金太郎飴式とでも言うほど同じデザインの車両に少し食傷気味だった私にすればとても素敵な電車でした。
 現車を見て少しがっかりしたんですけどね、笑 ということで、少し私なりに描いた初夢でも

新幹線700X西日本バージョン登場

 JR東海と西日本が共同で開発している700Xは昨年鋼体が公表されましたが、500系の頃と異なり全て機械で整形されているとのこと、500系の場合あの流麗な流線型は職人の手によるもので、最高速の電車を人間の手で作ると言うデザインだっただけに、コンピュータの進歩は目覚しいと感じながらも、益々人間の入る余地が少なくなるのかなと少し寂しい感じもしています。
 そこで、西日本の700Xにあっては、東京直通も食堂車の復活を何とか考えてもらえればと言うなんともささやかな願いを初夢に込めてみました。

以下は、あくまで妄想ですので決して、JR西日本及び他のサイトへの転載はしないように・・・ってする人もないでしょうけど年の為

 

JR西日本では、現在700系で運転されている「のぞみ」を食堂車付きの700X系に置き換えると発表した。
 JR東海との調整が残っているが、グリーン車を2両に減らす代わりに、1両を食堂車とすることで大筋合意に達したものである。
 短縮されたとはいえ、東京~博多間で5時間程度かかることから、飛行機からの旅客を獲得するために、食堂車の復活を決めたものである。
 0系で見られたような、片側廊下式で、山側は窓のない構造も0系食堂車と同じ。
 なお、グリーン車の乗客は、シート設置の端末からシートサービスを注文することができる他、ICOCAカードによる決済も行えるようにシステムを一部変更する。
  これにより、東京~博多間の新幹線のシエァを50:50に戻したいとしている。
  ・・・失礼しました。  

・・・・・・妄想終了・・・・・
Img_6803

« 整備新幹線が国を滅ぼす? | トップページ | ローカル線の公共輸送って・・・ »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2086385/58572379

この記事へのトラックバック一覧です: もし、新幹線に食堂車が復活したら?:

« 整備新幹線が国を滅ぼす? | トップページ | ローカル線の公共輸送って・・・ »

フォト
無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Facebook 国鉄があった時代