« 修学旅行電車 | トップページ | またぞろ新幹線・・・ »

2015年1月29日 (木)

0と言う名の新幹線

この記事自体は10年前に書かれた記事なので、0系が毎日リバイバル運転などと書いていますが、それ以外は今未定ただいても違和感のない内容かなと思っています。
みなさんにとって、0系にはどんな思い出があるでしょうか? 新幹線といって、500系とかE4系とかの言葉が返ってくれば若い鉄道ファン、100系というと20代位の方かな?
 そして、0系と聞いて懐かしさを感じるのはおっさんの印?という訳ではないですけど。
 0という響きに独特のものがあります、私がまだ幼少の頃、新幹線に乗るということは一つの憧れでありました。
 戦争が終わってはや20年、世間は落ち着きを取り戻し高度経済成長の真っ只中、でも今の生活と比べればまだまだ貧しい生活、テレビは家庭に1台、それも白黒、それが家の一番いい場所を占拠、更にご丁寧に緞帳をテレビの上にかけて必要な都度それを外して(実際にその頃のテレビでは緞帳がついていた)、そんな時代ですから新幹線に乗って旅に出るといえばもう、海外にでも言ったような気分にさせてくれました。
 移動は鉄道、それも急行までが移動の手段と言うのが当たり前の時代でしたから。
 ・・・・おっと、0系の話だったのに。
 0系という名称は、元々はなかったそうで、26形とか35形といった番号だけで決めていたそうで、クモハなどといった記号を一切加えないシンプルな表現方法を取っていました。

 逆にいえば、0の場合過去のしがらみが一切ないのでそう言ったことを気にする必要はなかったのです。
 100系という国鉄最後の良心とも言えそうな車両を世に送り出してからは、それまでの車両を特に0系と意識して言うようになりましたが、それまではあまり気にされることはなく、鉄道マニアの一部で0系と通ぶって話していることがあったくらいでした。
 しかし、「0」原点新幹線という意味では。0系の果たした意味は大きく、今後も記憶に残る新幹線として後世にも伝えていきたいものです。
 鉄道発祥の地、イギリスにも保管されているそうですし、わが国でも大阪の交通科学博物館には0系の初期編成が永久保存されています。
 なお、山陽新幹線では、0系の最終増備車が毎日リバイバル運転で走っております。笑
Dsc_0580sa
画像は、0系新幹線流し撮り Nゲージです。

« 修学旅行電車 | トップページ | またぞろ新幹線・・・ »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2086385/58749312

この記事へのトラックバック一覧です: 0と言う名の新幹線:

« 修学旅行電車 | トップページ | またぞろ新幹線・・・ »

フォト
無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Facebook 国鉄があった時代