« 餘部橋梁物語 僕らの町に汽車がやって来た 第10話 | トップページ | 餘部橋梁物語 僕らの町に汽車がやって来た 第12話 »

2015年3月24日 (火)

餘部橋梁物語 僕らの町に汽車がやって来た 第11話

Image34501 みなさま、こんばんは。
本日も、しばしお付き合いくださいませ。
夜行列車銀河の乗客なった知事一行は、不安の面持ちをもったまま、眠れぬ夜を過ごすのでした。

> 「夢でよかった。」
>
> 知事は独り言を呟くと、「ありがとう、もう大丈夫だ少し疲れているのかもしれないから、安心してくれたまえ。」
>
> もう一度、知事はベッドにもぐりこみ、夢の世界へと入っていくのでした。
> 銀河は、ちょうど名古屋駅を出発したところでした。
>
> さて、国鉄本社の話し合いの結果は・・・・
>
> さて、この話はまた後ほどさせていただきたいと思います。

と言うところでお話は終わっていましたよね。

銀河は、順調に歩を東京に進めていました。午前7時、個室のドアをノックする音が聞こえます。白い詰襟を着た給仕【列車ボーイ】が、新聞を届けにきたのでした。

秘書は、給仕に次の停車駅で駅弁を買ってくるように命じるのでした。
給仕は、弁当の代金と僅かなチップを受取ると、足早に部屋を出て行くのでした。

当時は、列車には給仕と呼ばれる人たちが乗車しており、チップを渡すのが習慣となっていました。
チップの全面廃止に動いたのは、昭和39年の東京オリンピック開催前であり、給仕という名称から、乗客案内係と呼ばれるようになりました。

話は違う方向に行ってしまいそうなので、軌道修正をさせていただきます。

列車は、無事東京駅に定刻に到着、給仕が東京駅に到着した旨を伝えていきました。

給仕は、慇懃な言葉使いで

「お客さま、列車は定刻に東京駅に到着いたしました、お持ちするお荷物はございますか。」

白い詰襟の制服もまばゆい、中年の給仕が声をかけるのでした。

「ありがとう、このカバンだけだし、大切な書類が入っているから自分で持つから」

知事は、給仕に対して返事をすると、そのまま狭い廊下を歩いて出口の方に向かうのでした。

東京駅16番ホームに到着し列車から降り立った二人には、朝の光がまばゆく感じられました。

現在では新幹線ホームが増えて在来線ホームは丸の内側に押しやられている印象を受けますが、当時は八重洲口側まで在来線ホームが広がっており、さらに八重洲側出入り口は現在では想像もつかないような小さな駅でした。

これが本当に東京駅?そんな小さな駅だったのですそれが現在では・・・。

知事と秘書は、最後の打合わせをするために丸の内側の東京ステーションホテルの一角でコーヒーを飲みながら最後の打合わせをするのでした。

総裁との面会は10時ですから、時間的には充分に時間があったからです。

知事と秘書は、ホテルの一角から見える本社を見ながら呟くのでした。

「なんとも、威圧感のあるビルだなぁ。」

当時、国鉄本社は丸の内の最も一等地の場所にどんとその居を構えており、陸の王者として君臨するには充分すぎるほどの威圧感をもって存在していました。
元鉄道省の庁舎として使われており、昭和38年に完成する国鉄本社の新館は未だ建設されていませんでしたので、戦災を経験した本館の威容は周囲を圧倒するのに充分な建物でした。

国鉄本社は、戦時中はアメリカ軍の爆弾攻撃に耐えるために屋上に数センチの鉄板を埋め込んで防弾仕様にしたとかといった話を聞いていましたが、初めて見る国鉄本社ビルは、東京中央郵便局が多くの人が出入りする関係で少しは入りやすい雰囲気をもっているのに対して、威圧的な言いかたを変えれば安定感のある建物にも思えてくるのでした。

これから始まる対談に、緊張を感じながら知事と秘書はその歩を進めていくのでした。

« 餘部橋梁物語 僕らの町に汽車がやって来た 第10話 | トップページ | 餘部橋梁物語 僕らの町に汽車がやって来た 第12話 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2086385/59392453

この記事へのトラックバック一覧です: 餘部橋梁物語 僕らの町に汽車がやって来た 第11話:

« 餘部橋梁物語 僕らの町に汽車がやって来た 第10話 | トップページ | 餘部橋梁物語 僕らの町に汽車がやって来た 第12話 »

フォト
無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Facebook 国鉄があった時代