« 餘部橋梁物語 僕らの町に汽車がやって来た 第5話 | トップページ | 餘部橋梁物語 僕らの町に汽車がやって来た 第7話 »

2015年3月18日 (水)

餘部橋梁物語 僕らの町に汽車がやって来た 第6話

皆様こんばんは、今日は京都方面にお仕事だったのですが、肉体労働で体が・・・無茶苦茶疲れました。苦笑
さて、自己満足だけのこの物語、ついに第6夜に突入しました。
申し訳ありませんが、よろしければお付き合いくださいませ。

昨日は、兵庫県知事が香住町の町長とお話するところで終わっていたのですが、今日はどうなることでしょうか余り時間もないので短めになりますがまぁ、読んでやってください。

> 助役と町会議員が見送るなか、車は余部の集落に向かって走り出したのでした。
>
> さて、同乗することになった町長はどんな様子でしょうかって?
>
> 町長はそれこそ緊張がピークではないかと言うほどカチカチになっていましたよ。

運転手は自分農で時計に目をやると、時刻は3時30分を指していました。

「今からですと、4時過ぎになりそうです。」

運転手が秘書に告げました。

「わかった、とにかく急いでみてくれ。」

車は快調に進み、予定より少し早い3時55分に着くことが出来ました。

事前に話に聞いてたとおり、三方が山、もう一方は海がすぐ近くまで迫っていました。

運転手が、車を止めた所は、道なりに曲がったところで停止し、目の前には余部鉄橋が山と山を跨ぐ形で大きく横たわっていました。

町長は、

「これが、余部橋梁です。地元の人はここを歩いて渡ると聞いていますが、私なんかとてもとても・・・」

なるほど、かなり高い橋である事は見れば判ることです。
チラッと、鎧方面から橋を渡る人影が見えました。

知事は、町長に尋ねました。

「この橋を渡るにはどこから上るのですか。」

町長も流石にわかりませんので、秘書に余部の集落の誰かに聞いてくるように命じ他のです。
しばらくすると、秘書が戻ってきて、香住側の山から上って橋に出るけもの道が有るとのこと。

早速、一行は車に乗り込み、橋のたもとまでやって来たのです。

橋のたもとから見上げると、45mの高さがさらに強調されるようです。
こんな高いところを汽車は通るのか、さらに人すらも・・・

知事は一人感慨にふけっています。

確かに、子どもたちが「駅を作ってください」と言うことは充分理解できることだと、確信に近いものを感じたのでした。

そうして、約5分ほどしたとき、山から降りてくる婦人がいました。
年の頃は40代後半でしょうか、背には大きな荷物を持っています。

聞けば、鎧からの帰りで、余部の橋梁を渡ってきたとのこと、そう先ほど見えた人影、その人だったのです。

知事は、その婦人に話かけようとしました、咄嗟に町長が止めに入ろうとしますが、それを振り切るように話かけました。

「この集落に駅ができたら便利ですか。」

婦人は最初、この紳士は何を言っているのか判りませんでした。
「さぁ、わからん。私には難しいことは判らん。」

少しぶっきらぼうに答えるのでした、それを見た町長は慌ててその婦人に対し、

「なんちゅう失礼なことを、このお方は兵庫県知事様だぞ。」

婦人は自分の無知と恥ずかしさからその場で膝まづき、

「知らなかったこととはいえ、ご無礼なことをしてしまって申し訳ありません。」

ひたすら土下座する婦人に対して、知事は

「私こそ、きちんと挨拶もせずに失礼した。実はここに駅を作ろうと言うお願いが上がっていたので様子を身に来たのだよ。」

「ほんと申し訳なかったです。」

婦人は、その言葉尾何度も繰り返すと、何度もお辞儀をしたあと、婦人は小走りに走り去ったのでした。

知事は、それなりの手ごたえを感じながら、再び秘書と町長を含む3名は再び香住町役場に戻るのでした。Image10603

« 餘部橋梁物語 僕らの町に汽車がやって来た 第5話 | トップページ | 餘部橋梁物語 僕らの町に汽車がやって来た 第7話 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2086385/59315915

この記事へのトラックバック一覧です: 餘部橋梁物語 僕らの町に汽車がやって来た 第6話:

« 餘部橋梁物語 僕らの町に汽車がやって来た 第5話 | トップページ | 餘部橋梁物語 僕らの町に汽車がやって来た 第7話 »

フォト
無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Facebook 国鉄があった時代