« 餘部橋梁物語 僕らの町に汽車がやって来た 第6話 | トップページ | 餘部橋梁物語 僕らの町に汽車がやって来た 第8話 »

2015年3月19日 (木)

餘部橋梁物語 僕らの町に汽車がやって来た 第7話

Imgp3603

みなさまこんばんは、本日も餘部橋梁物語、しばしお付き合いくださいませ。

> 知事は、それなりの手ごたえを感じながら、再び秘書と町長を含む3名は再び香住町役場に戻るのでした。

実際に余部橋梁を視察した知事一行は、再び車に乗車して役場に戻るのでした。
山陰の空は変わりやすく、昼には晴れていた空は、やがて雲が多くなり今は、鉛色の空が覆うようになりました。
まだ5時前と言うのに、街全体は薄暗く感じるのでした。

秘書が、誰に言うともなく

「雨が降りそうですね。」

町長が、実はこの辺では、「弁当忘れても傘忘れるな」と言われるほど雨が多い地域です。

雨が降り出す前に、何とか車は町役場に戻ることは出来ました。

一通りの視察を終えたとき、町長から

「何も用意できませんが、宴の場を用意しました。」とのこと。

やはり町長にしてみれば、知事が来られたのにそのままお返ししては申し訳ないという気持ちからだったのですが、・・・

宴は、知事が泊まる予定にしていた旅館で行われることとなりました。

大きな町ではありませんから、宿泊場所も限られていますので、調べれば簡単にわかることなのでした。

ということで、再びクラウンは知事一行を乗せて一夜の宿に向かうのでした。

宴は決して派手なものではなく、ただ町会議員の何人かが売込にやって来たのが少し辟易としたのですが、こじんまりとした宴は2時間ほどで終りさほど印象に残らないままに終えようとしていたのです。

ただ、一人を除いて・・・・

さて、この続きは後ほど

« 餘部橋梁物語 僕らの町に汽車がやって来た 第6話 | トップページ | 餘部橋梁物語 僕らの町に汽車がやって来た 第8話 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2086385/59328615

この記事へのトラックバック一覧です: 餘部橋梁物語 僕らの町に汽車がやって来た 第7話:

« 餘部橋梁物語 僕らの町に汽車がやって来た 第6話 | トップページ | 餘部橋梁物語 僕らの町に汽車がやって来た 第8話 »

フォト
無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Facebook 国鉄があった時代