« 寝台特急 なは 物語 第五話  | トップページ | 旅に出よう、時間旅行に 第2夜 »

2015年3月 5日 (木)

旅に出よう、時間旅行に

皆さん、こんばんは。

今回は、少し趣向を変えて、「旅に出よう」と言うタイトルでお送りしたいとおもいます。

でも、黒猫のすることですから一筋縄では行かないと思っている方も多いのでは?

昭和45年の時刻表を種本にお話を進めたいと思います。

そう、皆さんと一緒にタイムトラベルに出かけましょう。昭和45年の時代へ
DiscverJapanの時代へ・・・・

昭和45年あなたは何歳でしたか?
黒猫は、昭和45年では未だ生まれていませんでした・・・などと書くと多分小島よしお切手なみのブーイングがきそうですネ。

昭和45年、ちょうど小学校4年生でした、5年生は学校から万国博覧会に行けたのになどと悔しい思いをしたものでした。

そんな昭和45年10月の時刻表を参照しながら旅に出たいと思います。
さあ、皆さん準備はいいですか?

最初は2008年の東京駅から物語は始まります。

まもなく、「寝台特急富士・はやぶさ」がやって来ます、ご乗車の方は白線の後ろまで下がってお待ちください。

Jnr_ef66_42_20050308
猫次郎は、ある会社の営業マン。

彼は、九州行のブルートレインはやぶさに乗車していた。

いつもの出張なら、B寝台車での移動なのだが、今回は思うことがあって個室寝台、それも最高級のA個室一人用を選んだのだ。
その理由は・・・、それは彼自身の責任ではないものの、その責任を押し付けられて酷く落ち込んでいたこともあり、自分でもどうしていいのかわからない自暴自棄の状況に追い込まれているからであった。

車両は、国鉄時代に製造された古い個室寝台車、オーディオ装置などがついたり、鍵もついたりで国鉄だ時代と比べるとましになったといえよう。

国鉄時代にはカードキーすら無かったのであるから、それでも所詮は昭和50年代に製造された寝台車なのでその居住性は正直今のレベルでは安いビジネスホテルよりも劣るようだ。

70cmのベッドはB寝台と同じであり、天井が高い分だけゆったりとできるが、座れば目の前に壁が迫るのでやはり窮屈な感じは否めない。

まぁ、誰にも会うこともなく移動出来るのだから・・・そう自分に言い聞かせるのであった。
まぁ、B寝台と比べれば高いが、多少奮発はしたが、深い心の傷を負った猫次郎には、それ以上の価値があると思うのであった。

「眠れないですか?」

もう一人の自分が声をかけたような気がした、

「いや、そんなことは無い」ひたすら否定することが出来ない自分がいた、

「ピー・・・・」 時折聞こえる物悲しいような汽笛。

猫次郎は思った、夜汽車の汽笛はどうしてあんなに物悲しく聞こえるのだろう。
まるで俺のこころを見透かしているようにも聞こえる。

甲高くそれでいて哀愁を帯びたあの音色は、やがて猫次郎を夢の世界にいだなっていた。

ねこさん、ねこさん、ドアの向こうからかすかな声が聞こえる。

誰だろうか?こんな時間に、少しいぶかしげにそれでいて回りに気遣いながら、「誰?」

ドアの向こうから、「僕だよぼく、38年前の君だよ。」

「???、何か悪い夢でも見ているのだろうか、いやさっきから寝よう寝ようと思いながら中々寝れない自分がいることに気づいた。」

まさか。ドアを開けるとどこかで見たことがある子どもがいる。
目が細くて、おでこが広い、お世辞にも美男子とはいえない子どもが立っていた。

「久しぶりだね、38年後の自分、38年後はこんなおっさんになってるんだ。」

無遠慮に話かける子どもに少し腹を立てながら、通路での話はまずいと思った猫次郎は少年を狭い個室に招き入れたのだった。

一人でも窮屈な個室に子どもとはいえ二人では流石に苦しい、猫次郎は子どもに向かって
「君は誰なんだ、どこから来たのか」と静かにそれでいて語気を強めながら言ったのだが。

「何を言ってるのさ、38年前の僕じゃないか。覚えていないのかい?」

思い出すも思い出さないも無い、確かに自分だ、ただ認めたくない自分がいた。きっと悪い夢を見ているに違いないと。

さらに子どもは、畳み掛けるように、「何か悩みでもあるのかい。」

「わからない、何がなんだか・・・・」

猫次郎は呟いたのだった。

子どもは、黙ってついておいで、案内してあげるよ。
そういうと、猫次郎の手を取って強く引っ張るように歩き始めたのだった。その力は到底子どもの力とは思えないのだった。

子どもは、先頭車の機関車とを仕切る扉の前にいた。
「行くよ、手をしっかり握ってるんだよ。」

そういうと、そのまま・・・猫次郎の意識が遠のく、次の瞬間工場の中にいるかのような騒音と暑い室内にいる自分に気がついた。

ここはどこなんだ、叫ぶ猫次郎の横に先ほどの子どもが。

ここは、カニ21電源車の中なんだよ。
ここに使われているエンジンはDD13に使われているエンジンと同じでここで660V60Hzの交流電源を作って、各車両の冷房装置であったり照明に使うための電力を供給しているのさ。

ほら、あそこにメーターを睨む男の人がいるだろう。
彼が、エンジン担当の技術員なんだよ。
そして、となりが荷物室。新聞などもここに載せられて運ばれているのさ。

君くらいのおじさんが荷物の仕分けをしているだろう。
彼は荷物車掌なのさ、荷物専門の車掌。通称ニレチというんだ。

お客さん専門を「カレチ」というだろう。その対になる言葉さ。

猫次郎は、この38年前の自分と言うか、この変な少年が不思議でたまりませんでした。
本当にどうなってしまったのか。

「さあ、行くよ・・・」次に猫次郎の連れて行かれた先は・・・・。

さて、この続きはまた明日にでも。

読みきりにしようと思ったけど上手くまとめられなかったので少し連載形式をとりたいと思います。

猫次郎はどうして、昭和45年を旅したのかそして、38年前の自分と名乗る子どもの正体は?

乞うご期待???されてないか。

« 寝台特急 なは 物語 第五話  | トップページ | 旅に出よう、時間旅行に 第2夜 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2086385/59159299

この記事へのトラックバック一覧です: 旅に出よう、時間旅行に:

« 寝台特急 なは 物語 第五話  | トップページ | 旅に出よう、時間旅行に 第2夜 »

フォト
無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Facebook 国鉄があった時代