« 鉄道公安官物語 第24話 | トップページ | 鉄道公安官物語 第26夜 »

2015年6月24日 (水)

鉄道公安官物語 第25話

みなさま、こんばんは。
今日もお読みいただきありがとうございます。

さて、当初は公安官の思い出をと言うことで、気軽に始めたお話しだったのですが気がつけば恋愛小説もどきになってしまった少し反省しています。

さて、前回のお話では不審者が寝台車にいたことから、職務質問をしたところ、先輩公安官涌井の誘導尋問に引っかかって、ぼろを出した男の話しで終わっていたと思います。

> 涌井は、確信しました、この男は嘘をついていると。
>
>   涌井は、白根に目配せするとともに、車掌に伝えるようにサインを送るのでした。
>
> 白根は、涌井のサインを見落とすことはありませんでしたので、そっと離れると車掌室のドアをノックするのでした。

「コンコン」

白根が車掌室のドアをノックします。
その音に何事かと、車掌も慌ててドアを開けます。

  「どうされましたか?」

初老の車掌長は、若い公安官の白根に丁重な言葉で接します。

「どうも、置引きの犯人らしきものが乗っているのですが、田辺駅で降りるようなのです。今、涌井公安官が対応していますが、現行犯ではないため任意になると思います。駅への連絡は可能ですか?」

  「駅への連絡は、南部駅に到着時に駅員に通報しますので田辺で身柄の確保をお願いします。」

「わかりました、ありがとうございます。」

白根は、車掌長に礼を言うと再び涌井のまつ車掌室と反対側の通路に戻っていくのでした。

「先輩」

白根が小さい声で呼びかけてそっと耳打ちしました。

「田辺、マル」

  「わかった。」

涌井は、先ほどまでのにこやかな表情から一変、厳しい顔で先ほどの男に向かいます。
男の方も、涌井の顔が一気に阿修羅のような顔になったのでやばいと感じたのでしょうか、少し逃げ腰になっています。
  「あなた、南方熊楠は小学校の頃は天神崎で遊んだといったら、そうだといったよね。」

「ああ、言ったよ。小学校の頃に天神崎で遊んだ記憶がその後の研究に役立ったのさ。」

  「あんた、嘘言ってるね。」

「何言ってるのさ、・・・」と言いつつも声は段々小さくなっていきます。

  「南方熊楠は、和歌山市の生まれなんだよ。田辺に住んだのは晩年だ。だからあんたは嘘ついてるんだろう。」

もはやこれまでと思った男は、涌井の手を払いのけてとなりの車両に移ろうとしました。そこに咄嗟に前に立ちはだかったのは白根でした。

前にも後ろにも動けなくなったのです。

列車は、南部駅に到着していましたが、二人の公安官にはさまれてどうにもなりません。

遂に男は観念したのか、

 「ちぇ、俺も焼きが回ったものだ。こんなつまらんことで引っかかるなんて。」

そう呟くと、両手を出して。

 「さあ、潔く手錠をかけてやっておくんなさい。」

男は開きなおりとも取れる雰囲気で涌井に言うのですが。
涌井は一言、

「田辺駅で下りてもらいます。そこで取調べを行いますから。」

そう告げるだけでした。

  「何で、手錠をかけない。」

「それは、あなたが現行犯ではないから。ただそれだけですよ。」

そんなやり取りが続いた頃、926列車は田辺駅に到着したのです。

さて、この続きはまた後程。
Minakata_kumagusu
画像はWikipediaから

« 鉄道公安官物語 第24話 | トップページ | 鉄道公安官物語 第26夜 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2086385/60502000

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄道公安官物語 第25話:

« 鉄道公安官物語 第24話 | トップページ | 鉄道公安官物語 第26夜 »

フォト
無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Facebook 国鉄があった時代