« 駅員・松井寅次郎奮戦記 | トップページ | 駅員・松井寅次郎奮戦記 【正木君に翻弄されるの巻3】 »

2015年12月 9日 (水)

駅員・松井寅次郎奮戦記 2【正木君に翻弄されるの巻2】

おはようございます、放置状態になっておりました。(^-^;

さて、寅次郎は奥の部屋でごそごそ探し始めました。
大事そうに新聞紙にくるんだサボです、黄ばんでいるところを見るとかなり古そうな新聞です。

昭和39年という文字が読み取ることが出来ました、今から50年以上前の新聞の中身は何なのでしょうか?

寅次郎は大事そうに抱えて出てくるのでした。

正木君、お待たせしたねぇ。
これは、私のおじさんからもらったものなんだけど、とても大切にしているものなんだ。

Bitmap

見てごらん、それは東京~大阪と書かれたサボでした。

おじさん、東京~新大阪の間違いじゃないの?

正木君はまじめな顔で質問します。

寅次郎は苦笑しながら今は新幹線が走っているから、東京~新大阪と思うだろうけど、新幹線ができる前は東京~大阪間を6時間半かけて走っていたんだ。
へぇ、そうなんだ。
大阪駅まで電車が走っていたんだ、それだけじゃないよ。
東京~広島・宇野まで走っていたんだよ。

「もちろん寝台列車でしょ。」
正木君はサボも興味津々ながら、寅次郎が話す電車の話に夢中になってしまいました。

 「違うんだよ、昼間に走っていたんだ。」
 「東京を朝9時に出発して、広島に付くのが夜の8時、約11時間走る続ける列車だったんだ。」

「列車に乗ってるだけで11時間・・・。」
「今なら新幹線で4時間ほどで行けるよ。」

正木君にしてみれば11時間も椅子に座ってというのが信じられないようです。
「カシオペだったらいいんだけど・・・。座席で11時間・・・。」

どうもそこばかりが気になる、正木君のようです。(^-^;

寅次郎が、ほらさっきのこのサボは、実は「特急こだま」に使っていたものだよ。

というと、また信じられないという顔をしています。
「こだま・・・って、新幹線の各駅停車じゃないか。」

未だに納得いかないようです。

寅次郎は苦笑しながら、

「新幹線ができる前はみんな東海道線を特急電車が走っていたんだよ。」

 「これは、特急こだまに使っていたもので、時刻表と一緒に、国鉄職員だったおじさんから譲ってもらったもので、私の宝物なんだ。」

寅次郎は、細い目をさらに細くして笑うのでした。
その笑顔を見て、つられて笑ってしまう正木君でした。

「おじさん、僕もその「特急こだま」のことをもっと知りたくなったよ。」

うんうん、それじゃ、「特急こだま」の話でもしてみようかね。
そういって、語り始めるのですが・・・。

その続きはまた次回ということにいたしましょう。151_2

画像 wikipedia

« 駅員・松井寅次郎奮戦記 | トップページ | 駅員・松井寅次郎奮戦記 【正木君に翻弄されるの巻3】 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2086385/62882984

この記事へのトラックバック一覧です: 駅員・松井寅次郎奮戦記 2【正木君に翻弄されるの巻2】:

« 駅員・松井寅次郎奮戦記 | トップページ | 駅員・松井寅次郎奮戦記 【正木君に翻弄されるの巻3】 »

フォト
無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Facebook 国鉄があった時代