« 黒猫旅行記 北の大地 網走・サロマ湖編 part2 | トップページ | 黒猫旅行記 北の大地 北上編(中湧別から名寄まで) »

2016年2月12日 (金)

黒猫旅行記 北の大地 網走・サロマ湖編 part3

みなさまこんばんは、北見平和から網走さらに、常呂駅へとうろうろした黒猫ですが、ホタテの貝殻を手に持った写真が発掘されました。

001

>ここはホタテの産地でもあり、そこかしこにホタテ貝の貝殻が散乱?帆立貝を貝殻を持って記念撮影した写真があったのですが今は手元にないので機会があればまた公開したいと思いますが・・・というかたんんいオタクの写真なんかだしたって誰も見たくないよな。苦笑

ということで、自分で見てもいやになるセンスのない着こなしをした黒猫は、先ほど降りた常呂駅に向かうのでした。

002

常呂駅は、網走駅から40kmほど離れており、駅数でいえば5個目の駅なのですが、駅間自体がへいきん6kmとか7kmですので普通列車と言えども下手な快速電車よりも停車駅が少ないわけですね。

観光地でもあったことから駅員配置ではなく、委託駅だったと思いますが窓口があり、入場券や切符を販売していました。

それが以前見ていただいた、観光入場券でした。

この観光入場券は、国鉄末期からJR初期の頃に見られた切符で管理局単位(北海道は総局)で作られていたようです。
サイズは、「特急硬券」と同じ大きさのため結構ボリュームはあります。
また、入場を目的ではなく購入目的で死蔵される切符ですから純粋に増収になるわけですね。

国鉄末期はなんだかんだ言いながら増収努力はされていたやに思いますし、ある意味一番輝いていた時期かもしれません。

003

さて、そのような話はさておき、汽車を待つ君の横には誰もおらずやがて、中湧別方面行きの汽車が網走方向からやってきました。
やって来たのは、先ほどと同じキハ22、北海道と東北の一部地域でしか見られない北海道専用といってよい普通気動車、特徴は2段窓と両端に設けられた出入り口、一見すれば急行列車かと見まがうほどの立派な設備・・・・なんてなくて。

冷房もなく、扇風機すら無かったような気がします。

さて、そんな車両ですが走り出してしまえば快適そのもの。
北海道の夏は湿気が少なくからっとしていますから窓を開ければ涼しい風がほほを撫でてくれます。

長旅の疲れがそろそろ出てくるのか、中湧別までの旅ではあまり記憶が無いんです。
ただ、覚えているのは北に向かう大地で見た夕暮れでした。

山と海に囲まれた和歌山に住むものにしてみれば、大地に沈む夕日というのがすごく感動的なんですね。
夕日は海に・・・というイメージしか無いものですから。笑

思わず、何度も車窓から撮影するのですがいかんせん、走る車内から撮れる写真なんてたかが知れていますよね。

今となれば公開できるような写真は無くお恥ずかしい限りです。
そんな長旅、今思い返していると、少し記憶違いがあったようです。

途中長旅の疲れもあったのか、日が暮れてからは一人旅の不安と稚内に向かうという目標だけが自身を突き動かしていました。

何ゆえあのときに、稚内を目指したのかは今となっては思い出せないのですが、ただひたすら北を目指す黒猫だったのです。

中湧別到着は19:36、無事中湧別に到着。
さらに名寄本線をひたすら進むのですが、その辺のお話はまた明日にでも。

blogランキングに参加しています、是非クリックお願いします。

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

« 黒猫旅行記 北の大地 網走・サロマ湖編 part2 | トップページ | 黒猫旅行記 北の大地 北上編(中湧別から名寄まで) »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2086385/63920522

この記事へのトラックバック一覧です: 黒猫旅行記 北の大地 網走・サロマ湖編 part3:

« 黒猫旅行記 北の大地 網走・サロマ湖編 part2 | トップページ | 黒猫旅行記 北の大地 北上編(中湧別から名寄まで) »

フォト
無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Facebook 国鉄があった時代