« 黒猫旅行記 北の大地 札幌で修行編? | トップページ | 黒猫旅行記 清流長良川の旅 プロローグ »

2016年2月24日 (水)

黒猫旅行記 北の大地 最終回 はくつる&新幹線で帰阪の道へ

まさかまさかの札幌での野宿を経て翌日は夕張方面に出かけた黒猫、どういった経路をたどったのかいまだによく覚えていないのですが、間違いなく青函連絡船は24便を使ったようです。

さすがに、ここで黒猫はある判断をしました。
それは、JNRカードを使うことでした。笑

当時JCB発行のJNRカードを持っていましたので、みどりの窓口で寝台券を購入したのです。

疲労困憊の黒猫、「はくつる」下段の寝台券を手に青森駅をひたすら歩き、歩き、目的のホームに辿りついたのでした。

本州に帰ってきたという実感よりも、横になれるそれの方が大きかったと思います。

車掌の検札も無かったように思うし、その辺は全く記憶が飛んでいます。
ただ、寝台友の会会長として、下段寝台と合体していた事だけは確かで、途中の停車駅のことも何も記憶にはありません。

ただ、目が覚めたら・・・朝9時過ぎには上野に到着するその感覚だけでした。
当時の時刻表で確認すると、9時18分「上野駅13番線に到着」となっているのですが・・・これまた全く覚えが無いという情けない状態です。

ただそこから先の道程として覚えているのは、帰りは新幹線で帰ろう、と言う意志薄弱?な黒猫だったのです。
Photo
これでもかと言うほど連続して乗り続けると、流石に東海道線を再び在来線で戻る元気はありません、再びJNRカードのお世話になって新幹線の切符を購入

寝台券もしかりですが、JNRカード大活躍です。

JRカードと違って2年ほどで消滅したカードですので知っている人も少ないかもしれませんね。

当時は、唯一切符が買えるクレジットカードとして知る人ぞ知る状態でしたから。

そんなわけで、東京からはJNRカードで買った切符で新幹線を使って帰阪

今までのゆったりとした時間から今度は時間に後ろから押されるような錯覚を感じながら走る新幹線は速いこと速いこと。

東京の次は、名古屋【品川でも・新横浜でもありませんよ、名古屋】2時間があっという間に過ぎて改めてその速さを実感したのです・・・

いまは、2時間半で大阪まできますからね、そのくせ、品川・新横浜と停車しているのに。・・・・

特段列車の故障などもなく、定刻通り新幹線は新大阪に到着

長くて短かった約1週間の旅は、多くのフィルムと思い出、そして切符などの戦利品?とともに、終わったのでした。

実際には、新大阪から和歌山まで帰るのですが、その時も新大阪からどのようにして帰ったか記憶にないんです。苦笑

とても充実した旅であったことは間違いないのですが、旅先で浮いた話の一つもありませんでした・・・・。

それだけが心残りだったりなぁと・・・。

まぁ、当時のスタイル見ていたら間違いなく持てない君の典型のような鉄ヲタファッションですから無理でしょうね。笑

ということで、黒猫の北海道放浪旅行記はこれにて、The end とさせていただきます。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。
また、新しいお話を企画してアップさせていただきますので、しばしお待ちください。Jr_east_583_hakutsuru_aomori
画像 wikipedia

blogランキングに参加しています、クリックよろしくお願いいたします。 にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄へ
にほんブログ村

« 黒猫旅行記 北の大地 札幌で修行編? | トップページ | 黒猫旅行記 清流長良川の旅 プロローグ »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2086385/64127411

この記事へのトラックバック一覧です: 黒猫旅行記 北の大地 最終回 はくつる&新幹線で帰阪の道へ:

« 黒猫旅行記 北の大地 札幌で修行編? | トップページ | 黒猫旅行記 清流長良川の旅 プロローグ »

フォト
無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Facebook 国鉄があった時代