« 黒猫旅行記 清流長良川の旅 第5話 | トップページ | 餘部橋梁物語、その後 »

2016年3月16日 (水)

黒猫旅行記 ムーンライト山陽と青春18の旅

800pxmlkyushuef65 画像 wikipedia 皆さまこんばんは、久々に新編を書かせていただこうと思います。
なんか、このお話を書くのが一番楽なんです。

話し言葉で書けるので・・・。
ということで気軽に書いてみたいと思います。

今回のお話は、今から20年ほど前、郵政局で勤務していた頃のお話です。
時代はうろ覚えなのですが、93年頃だったかと思います、
国鉄が民営化されて7年ほど、まだまだ国鉄時代の府に気が色濃く残っていた時代であり、車両の貸し借りはもとより、設計図の使いまわしなんてこともJR発足当初はありました。

当時は結婚していて郵政局に勤務していた頃であり、毎日超勤超勤の連続で早くても終わるのは20:00なんて時代でした。

定時に終わるという概念がなくて、遅くまで残っていることが仕事をしている証、そんな時代だったのです。
逆に、段取り良く仕事を切り上げて定時で帰ると逆に仕事ができない人と言われる時代でしたので、嫌でも毎日ダラダラと遅くまで残っていたものです。

そんな時代でしたので、ときどき無性にストレス発散を兼ねて旅に出たくなる時がありまして、そんなときは青春18きっぷを使って旅に出たのです。

この日は、ムーンライト山陽を使って旅してみようということで大阪駅から乗ることにしたのです。
この列車、京都始発でかつ指定席を盗らないと悲惨な目に合うと知らなかったものですから、行けば乗れるだろうと甘い考えで大阪駅に向かったのでした。

当時の大阪駅出発時刻は23:50か59分だったかで、1駅だけ120円で切符を買えばそのまま青春18きっぷが24時間使えるというお得感がありましたので、大阪駅からは予想以上に満員、あっという間にデッキまで満員に

切符も買ったし、今から帰ろうにも当時は和歌山に住んでいましたので電車もありませんから取りあえず乗り込むことにしたのですが、座席はもちろん満員、通路も、さらにはデッキまで・・・当日は仕事帰りなので夏場なのにスーツ着ているおっさん一人・・・まぁ、まだ30代だからおっさんというよりも何を勘違いしたか紛れ込んだサラリーマンといた風情でしょうか。

結局押しやられるように洗面所に押し込まれてしまって・・・。
姫路付近まで来れば多少は余裕が出るであろうと考えたのですがその考えが甘かったことはすぐに思い知らされることとなりました。

一向に減らないんです。むしろ駅に着くたびに増えていくような、そんな錯覚に襲われる。
実際、三ノ宮でも神戸でも乗客が減らない、仕方がないので黒猫、スーツを着て鞄を持ったままデッキで丸くなって眠る羽目に・・・。
まぁ、猫なんで丸くなってと言いたいのですが、洗面所の狭い空間に座り込む黒猫、多分に洗面所を利用しようと思った人に多大の迷惑をかけたであろうなぁと思いつつ身動きがとれないのですからどうしようもありません。

皆さんもよくご存じかと思いますが、なんとも狭いあの空間を独り占めと言えばカッコいいですが、洗面台と冷水器の間の本当に小さな空間にどんな格好でいたのかよく覚えていないのですが、海老のように体を曲げていたように思います。
結局、岡山までに多少うとうとしたようですが、ほとんど眠れず岡山駅ではムーンライト高知の切り離しを洗面台の小さな窓から覗き見ることに・・・。

この時ほど、正直何してるんだろう僕って感じでしたね。
普通に、ホテルでもしくは寝台車で行けばいいのに・・・・。
普通に働いていましたので普通に収入あったはずなんですけどね・・・。

岡山を過ぎた頃から少しは少なくなったのかどうか…ちょっと記憶がないのですが。
その後は、岡山までよりも足を伸ばせたみたいなので人は少なくなっていたんだと思います。

それでも、洗面所占領は相変わらずで迷惑かけまくる黒猫、多分そのまま広島まで運ばれたようです。
さて、この続きはまた明日にでもさせていただこうと思います。

blogランキングに参加しています、是非クリックお願いします。

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

blogランキングに参加しています、クリックよろしくお願いいたします。 にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄へ
にほんブログ村

« 黒猫旅行記 清流長良川の旅 第5話 | トップページ | 餘部橋梁物語、その後 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2086385/64487520

この記事へのトラックバック一覧です: 黒猫旅行記 ムーンライト山陽と青春18の旅:

« 黒猫旅行記 清流長良川の旅 第5話 | トップページ | 餘部橋梁物語、その後 »

フォト
無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Facebook 国鉄があった時代